寝る前えほん 7月17日「はしれきかんしゃちからあし」「おじいさんのはやぶさ」「じてんしゃのれるかな」

昨日も時間なく3冊。3冊ともに図書館から借りてきて、初めて読みました。

「はしれ、きかんしゃ ちからあし」小風さち 文  藍澤ミミ子 絵 福音館書店

「おじいさんのはやぶさ」 間瀬なおかた 作絵  KKベストセラーズ

「じてんしゃ のれるかな」 平田 利之  あかね書房

はしれ きかんしゃ ちからあし

とっとは初めて、戦争という言葉に触れました。ちからあしのお友達のはやあしが動けなくなってしまうシーンがあるのです。

はやあしにどうして爆弾が当たっちゃったの?戦争ってなあに?何をするの?

とっとが聞いてきました。

果たしてちゃんと説明できたかどうか。

とっとのひいじいじは戦争行ったんだよ。と伝えると、泣き出しました。ひいじいじに会いたかった〜、1人にしないで〜

寝る前なのに、大号泣。

ひいじいじ、ちゃんと戦争から帰ってきたよ。お母さん、一緒に暮らしてたよ、と伝えても、会いたい〜と涙涙のとっとでした。

最後は少し切ないですが、素敵なラストが待っています。

悲しかったけど、ちからあし、よかったね、ととっとは言いました。

絵も力強くて素敵で、とっとの琴線にふれた一冊となりました。

カテゴリー: 7月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です