寝る前えほん 7月21日「かぼちゃひこうせん ぷっくらこ」などなど

とっと、9時に寝てくれました!わーい。嬉しい(泣)

今日は、夜は余裕があったので、8時から二人で布団に入って、絵本を読みました。

①かぼちゃひこうせん ぷっくらこ 文:レンナート・ヘルシング 絵:スペン・オットー  訳:奥田継夫・木村由利子 アリス館
②よるのきかんしゃ ゆめのきしゃ 文:シェリー・ダスキー・リンガー 絵:トム・リヒテンヘルド 訳:福本友美子  ひさかたチャイルド
③しんかんせんでゴーッ 作:視覚デザイン研究所 え:くにすえたくし 視覚デザイン研究所
④みずとはなんじゃ? 作:かこさとし 絵:鈴木まもる 小峰書店
⑤おたすけこびととハムスター 文:なかがわちひろ 絵:コヨセ・ジュンジ 徳間書店
⑥おたすけこびと 文:なかがわちひろ 絵:コヨセ・ジュンジ 徳間書店
⑦かがくのとものきゅうきゅうばこ  文:やまだまこと 絵:やぎゅう げんいちろう 福音館書店
⑧ドライバーマイルズ  作:ジョン・バーニンガム 訳:谷川俊太郎 BL出版
⑨おじいさんのはやぶさ 作・絵:間瀬なおかた 監督:川口淳一郎 KKベストセラーズ

母が選んだ2冊と、とっとの選んだ7冊。4歳には優し過ぎる内容のものもありますが、そこはご愛嬌。

その中で好きなものを。

①かぼちゃひこうせん ぷっくらこ 文:レンナート・ヘルシング 絵:スペン・オットー  訳:奥田継夫・木村由利子 アリス館

私が好きな本。童話館ぶっくくらぶに入っているのですが、配本された1冊です。おおくまとこぐまの庭に出来たおばけかぼちゃで旅をする話。その過程で起こる大変な出来事も前向きに考えれば楽しいぞ〜と思わせてくれます。ゆったりした文章で、ほっこりした気分にさせてくれます。とっとも最後はにっこりでした。

④みずとはなんじゃ? 作:かこさとし 絵:鈴木まもる 小峰書店

有名な一冊。かこさとしさんの遺作となります。かこさとしさんの文に鈴木まもるさんの絵がついて、買わずにはいられなかった1冊。

水の役割、どれほど水が自然や生き物・人間にとって大事かなど丁寧に描かれています。かこさとしさんの絵本でのおなじみのキャラクターが描かれていたりするのでそれも見ていて面白かったです。

とっとが一番テンション上がったのはやっぱり③の「しんかんせんでゴーッ」

けんたとマー君が九州から北海道まで新幹線・電車で旅する間にどれだけの電車が出てくることか!電車好きにはたまりません。


カテゴリー: 7月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です