寝る前えほん 7月22日「海底電車」「ちいさいおうち」

2冊いいよ〜と言ったら、とっとが選んできた絵本。

「海底電車」構成・文:松本猛  絵:松森 清昭 童心社

「ちいさいおうち」 文・絵:バージニア・リー・バートン 訳:石井桃子 岩波書店

おぉ、2冊ともこれまた長いのを。。。というのが初っぱなの母の心の声。ただ、冊数はあってる。

読みました。

「海底電車」は孫が見知らぬおじいちゃんと夢の中?で電車に乗って旅をします。過去のイタリアやエジプトに旅をするわくわく物語です。絵本全体が青で統一されていて、青好きな私は好きな1冊。これはまた本屋で、とっとが、どこからともなく探しだして来た絵本。

「ちいさなおうち」これはもう有名すぎて、説明は省きますが、とっとは最後「ちいさいおうちよかったねぇ」と言ってました。母的にも読んでる途中は切なかった!でも最後は良かった。

この絵本は初版1965年。描かれたのはもう少し前だとすると、産業が発達して、周りがどんどん変わって行く様子というのは、作者が両親から聞いた、または肌で感じたことなのかなと思ったりします。昔は良かったなぁと。

なんとかなんとか読み切りました。

カテゴリー: 7月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です