“とっと”と自転車

我が家はママチャリありません。

保育園でママチャリないと言うと、お母さんたちや先生に驚かれます。

買おう買おうと思っていたんですが、機会を逃し、買わなくても大丈夫じゃない?という話に落ち着いて今に至ってます。

毎朝、とっとは歩いて、私は自分の自転車を押して、二人で手を繋いで保育園まで行きます。保育園まで歩いて10分くらいでしょうか。

車も持っていないので、どこに行くにも歩きと電車です。

歩きで不自由ないのですが、とっとが自転車乗れるようになると、きっと行動範囲広がるはず!と昨年のクリスマスに自転車をプレゼントしました。

最初は張り切って乗ってました。最初だけ親が後ろから持ってて、こぎ始めたら手をこっそり離す戦法でうまく乗っていました。

ですが、しばらくすると、自転車の波が去ってしまったのか、ぱったりと乗らなくなってしまいました。

やはり歩きで事足りているから?!

今日は珍しく、自分から、「自転車乗る〜」と言うので公園に自転車持って行きました。

結果、数回乗って飽きてしまったようです。挙句、自転車押すのも面倒になったのかぐずり出し、道の真ん中をわざと自転車押しながら歩くわ(車がきたらひかれるよ)、雨降ってきて、今傘が欲しいとか言い出すわ(無理だよ)、やりたい放題。

親の忍耐が試される瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です