寝る前絵本「うちゅうはきみのすぐそばに

ゲームやユーチューブが大好きなとっと。それに加えて、母はこーちゃの世話でてんてこまいになり、本を読んであげる時間がぐっと減りました。

いかん。

こーちゃが寝て、静かになった時になるべく読んであげたい。でも母の気力も限りがあります。

なので、とっとが乗り気の時で母の余力がある時が本を読む時間です。

ちょうど今日はそんな日。

「読んで欲しい本を持っておいで」と待つこと数分。

とっとが持ってきたのが「うちゅうはきみのすぐそばに」でした。

うちゅうはきみのすぐそばに いわやけいすけ著 みねおみつ絵 福音館書店

うん、これは母も好きな1冊。絵が好き。本当に好き。

読み進めると、「さかいめってなに?」ととっとからの質問。むにゃむにゃなんとか答えて、とっとは「さかいめ」という言葉を覚えたのでした。

空を眺めて宇宙を感じる1冊。

そのほか、買ったばかりのこどものともらを5冊くらい読んで眠りにつきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です