おかたづけ考察

とっとがくもん行っている間に。

子どもを怒ってしまう場合、どうして怒ってしまうのか、を考えたときに、どうして子どもは親からすると怒る対象になる行為をするのか、を更に考えると、我が家の場合、根本は親が悪い気がします。

ここ1週間は、母父ともに、やることがいろいろとあってそれを優先してしまい、しっかりとっとと遊んであげれていませんでした。

結果として、とっとは一人で遊ぶことが多くなり、部屋は足の踏み場がないくらい、とっとのおもちゃで溢れかえっていました。

部屋の散らかり具合=とっとの構って欲しい度

とっとの場合、まさにそうです。今更ですが気づきました。

そこに「おかたづけしなさい!」と言ったって、とっとは片付けるわけがありません。そして私がまた怒る。とっとからしたら、遊んでくれないんだもんと思っていたことでしょう。

これじゃ、いかんよね、と昨夜はとっとが寝た後、夫婦で話をしました。

優先すべきは、とっととの時間。

だから、今のうち、これを記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です