絵画教室

学童に行かないとっと。なので放課後ひまです。毎日公園というのも母の体力的におそらくムリ。

保育園で仲の良かったお友達はみんな学童へ、小学校のお友達はまだ一緒に遊ぶほど仲良くなれていないようです。何より、とっと、真っ先に1人で家に帰ってきます。(どうやら走って帰ってきている模様)

学童も、本来は申し込んでいなくても利用できるのですが、コロナのせいでその利用もできず。

くもんやめばえを平日午後に移動してみたものの、まだまだ予定ガラ空きです。

なので、工作や絵を描く教室が近所にあったので体験に行ってみることにしました。

女の子が多いのかなと思いきや、7人中とっとを入れて4人が男の子。みんな自由に水性マーカーや絵の具で絵を描いていました。中には粘土で作ったものに絵の具で色付けをする子も。先生は、特に口を出すことなく、聞かれたら答える、ここ、こうしたらもっといいかもとさりげなくアドバイス。自主性に任せるゆるい感じがとっとの行っているロボット教室に似ているなと思いました。

とっとはと言えば、やはり電車です。オリジナル電車を紙を3枚つなげて描ききりました。背景には大都会。裏には富士山やスカイツリーやいけバス。もう自由です。

すっかり気にいったとっとは、通いたい!だそうです。

習い事何個目?でも、低学年のうちはいいのかなと甘い母です。

あとは体を動かす習い事もやらせたく、ボルダリング体験を申し込んでみました。やっぱりスポーツを続けている子は強いと思うのです。何か一つでも続けたい!と思えるスポーツに出会えたらなと思います。