えほん「おみせやさんでんしゃ」

比較的最近買った絵本です。と言っても昨年?

おみせやさんでんしゃ 文 林 木林 絵 いまいずみやすこ  交通新聞社

七夕の時期にちょうどいい絵本でした。

この絵本の面白いところはなんと言っても、商店街がそのまま電車になってしまうところ!地球を飛び出して、いろいろな駅に止まります。いろいろなお客さんが出てきますが最後に来たお客さんはひこぼしで。。。

商店街が電車になって旅立っている間は、商店街がある場所は一体どうなっているのかしら。そこを歩いた人はびっくりするんじゃないかしらなんて余計な勘ぐりを入れてしまったり。大人になると変に考えてしまいますね。。。

商店街がまるまる電車になるという発想が面白い〜と思った一冊でした。

とっと、定期的に「読んで〜」と持ってくる一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です